後発品メーカーについて思うこと

スポンサーリンク
仕事(MR編)

お疲れ様です!
今日衝撃的なニュースがあったので緊急でこっちを取り上げます。

タイトルにもあるように後発品メーカーに思うことです。
今なにかと世間を騒がせていますね、現場はてんやわんやです。

このブログを読んでいる方はおそらく新薬に関わろうとしている方がほとんどかと思います。

MR志望の方は今後密接に関わってきます。
6月と12月に後発品が発売されるので自社品の後発品が出る時は要注意です。

この記事を読むことで・・・
後発品メーカーの役割や思うことなどがわかる!(主観多め)
スポンサーリンク

そもそも必要?


後発品自体は私はアリだと思っています。

あれ?後発品に侵食されるのが嫌で転職してなかった?と
思われるかも知れないですが、MRとして売り上げがなくなるのが嫌なだけです。

ジェネリックにすることで以下のメリットが得られます。
・国の医療費抑制
・患者負担の軽減
・先発メーカーのリソース削減

先発メーカーのリソース削減について補足します。
新薬メーカーにはこれから発売される期待の新薬を最速で立ち上げて欲しいのです。

皆さんが患者の立場でイメージしてください。
ものすごく期待のされている新薬が発売されたのに、MRが営業する品目が多すぎて新薬の採用が間に合わず処方できない。
その結果自分の疾患が良くならない・・・

極端な例ですがこんなこともあり得るかもしれないです。

特にこれらに依存しなければいけないような中堅以下の会社に多いのです。
完全にジェネリックに切り替えてしまえばこのようなケースを減らすことができるかも知れません。

上手く機能すればいいことだらけです。
長期収載品は後発品専門に販売しているメーカーに情報提供をしてもらえればOKなんです。

しかし現状うまくいっておりません。
私がMRをしている時からイライラすることは多々ありました。
ここ最近のジェネリック会社は目に余ります。というか恥ずかしくないのでしょうか?

日医工は品質を超えた超品質でしたっけ?欠陥品のこと?笑

スポンサーリンク

後発品MRについて

きちんと情報を届けてくれるのであれば存在意義はあると思います。
しかし薬剤や疾患の知識がまともにあるMRは少ないのではないかと思っています。

理由は以下の通り
・発売時には多岐にわたる領域で大量に発売される
・ある程度周知されている薬剤なので目新しい情報は少ない。
・医師情報提供する機会が少ない
・そもそも初回納入をうまくすれば後はどうにかなる

もちろん先発メーカーのMRに比べると知識量では確実に劣ります
ここで言いたいことは最低限の知識のことです。

薬品の最低限の知識とは?
・用法用量
・同種同行品
・作用機序
・対象になる患者
・基本的な効果

こんな感じです。30分もあれば理解できますよね。
別に論文などの他社品と比較するような情報は必要ないのです。

値段のことばかり言っている後発品MRが多すぎる気がします。
そもそもそれってMRなんでしょうかね・・・?

最悪な後発品MRエピソードがあるので紹介します。
メーカーは言いませんが、医師や薬剤師から質問を受けた時には
「○○(私)に聞いて貰えばわかりますよ〜」
患者資材を頼まれた時
○○(私)に言って貰えばいいですよ〜」

????????!!!!!!!!!!

連絡をもらった時は衝撃を受けましたが、しっかりと対応しました。
その結果より信頼してもらえるようになったのでよかったとは思いますが・・・

こんな後発品MRは他にいないことを信じますがこんな腐ったMRもいます

ちなみにその後のそのMRが現場にいることが腹立たしいので他社先発MRと共謀して、
そのメーカーの採用品全部カット
しました笑

最近の不祥事について

薄利多売の業態はわかりますが、
利益先行するがあまり品質を落とすことが理解できないです。
ましてや医薬品は生命関連品です、下手すると死者が出てもおかしくありません。

また現場の医療機関やその先にいる患者さんがあまりにも不憫です。
そして搬入している卸業者の方にしわ寄せが行きます。

例えばこんな感じ
薬剤師「出荷調整になったら今いる患者さんの分はどうなるんだ?」
卸業者「代替品を確保します・・・」
薬剤師「できるんだろうな?」
卸業者「はい、ただし必要最低限になります」
薬剤師「それ以上に来たらどうするんだ?急配できるのか?」
卸業者「善処します・・・」
薬剤師「確実にしてもらわないと困る!!!」

他社品で対応したいのですが、軒並み他社品も出荷調整なので非常に難しくなります
卸業者の方々は本当に頭を悩ませているかと思います。

それ以上に薬剤師の方は発売しているメーカーを必死に探して連絡していると思います。

ここで気づいて欲しいのは後発品MRが登場していないことです。
謝罪は行っていると信じたいですが、モロに食らうのは卸業者です。

謝罪に行っていない後発品MRの方、早く行け。マジで。

今後もしばらく続くかも知れないですね・・・
コロナ禍で不安もあるのに企業の怠慢で余計な悩みが増えているかと思います・・・

応援しかできないですがなんとか乗り越えて欲しいです。

スポンサーリンク

最後に

以上が私の考えです。
少し読みづらいところもあったかも知れないですが、
このような惨状を招いている後発品メーカーは真摯に受け止めて欲しいです。

何よりも患者様のためになんて笑わせないで欲しい。

先発メーカーが出しているオーソライズドジェネリックを今後のベースにできればいいのではないかと思っています。
先発品と成分や作っている工場は全く同じなので安心感が違います。

利益にならないのは現実ですが、このようなことが起きている以上実現できれば大きな安心感になるのではないかと思います。

実現できれば今ある後発品メーカーはお役御免ですね。
必要ないです。

少々攻撃的な内容になりましたが、
命の現場に我々は携わっていることを肝に銘じなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました