MRからCROのCRAに転職して思ったこと3選

スポンサーリンク
仕事(CRA編)

どうも!こんばんは!
忙しくなってしまうとどうしても日常のことが疎かになってしまいますね。

部屋が大惨事です。
日頃皆さんに偉そうなことを言っているのにダメですね笑

さて今日のテーマはMRをしていて転職先として多いCROのCRAをテーマにしました。

今は未経験の転職は多くはないですが、今後はわかりません。
もし文系卒でMRしか選択肢がなくてもMRのキャリアがあればCRAになれる可能性もあります。

人生諦めなければなにかしら道は開けます。
足を止めた瞬間に何もかも潰えますから・・・・

この記事を読むことで・・・
MRからCROのCRAになったことでのギャップがわかる!
スポンサーリンク

年収が・・・・

下がります。それもびっくりするぐらい笑

私の場合どれくらい下がったのかと言いますと・・・
MRを4年半してからCROに転職しましたので100万円ほどダウンでした。

毎月ほぼ10万円ダウンですね。

内訳を見ると日当や家賃補助がほとんどです。
これらが無くなるのでどうしてもこのくらいはダウンになります。

いかに製薬メーカーの福利厚生がすごかったのかを身に染みましたね・・・・

私は100万円でしたが、MR歴が長くなると150万円以上下がるケースもあります。

なぜ転職するのか・・・?

いくつか理由はありますが、主な理由を紹介します。

・転勤が嫌だ
・数字に追われたくない
・所属していたメーカーがしょぼい
・臨床開発に興味がある

この理由が多い気がします。

私が今いるCROでも元MRが何人かいてこのような理由を言っていました。

ちなみに感想は・・・?

・数字に追われないストレスに解放された
・業務時間が逆に増えている
・部署が多く多種多様な働き方がある

このような感じで満足感は高そうです。

少し脱線しましたが年収は120%下がります!

英語をとても使う

MRは使わないかと言われるとほぼ使うことはないです。
論文が海外文献しかない場合に英語を触れるぐらいです、
ただし今は論文をプロモーションにつかうことはできないので自己学習限定です。

CRAでグローバル試験にアサインされると触れる機会が多くなります。
マニュアルやシステムなど大体英語なので「嫌だ!」と言っても逃げ道はないです笑

また、リーダーが外国人になるのでその人からの連絡を返さなければいけないこともあります。突然チャットシステムで連絡が来たときはドキドキします。

ちなみに最初は本当に戸惑いました、何が書いているか全くわからず全てGoogle翻訳に流していたレベルでした。

しかし入社して1年半経つとある程度わかるようになってきました。
CRAがよく使う単語はConfirim(確認) Obtain(入手) Provide(提供)などでしょうか。
またよく使う構文も頭に入るので書くこともできます。

そうせざるを得ない環境と慣れってすごいですね。

英語の勉強方法や英語力については別記事にて書きます。

スポンサーリンク

トレンドがいち早くわかる

がん領域であれば今どのような薬剤が注力されているのかなどが分かります。
もし5~10年後に発売された際に自分がこれらのプロジェクトにアサインされていれば自慢できるかもしれないですね笑

今後はADCと再生医療で経験を積みたいと考えており上司にそのプロジェクトはないか常に聞き込んでいます。

ADCや再生医療については興味があれば調べてみてくださいね。

他にも各製薬会社+パイプライン と検索すればある程度分かりますが、
書いてない情報にも触れることができます。

この会社この領域に手を出すのか・・!!と思えるタイミングがあります。

これは極秘情報なのでここでは書くことはできませんのでご了承ください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

こちらが私なりに感じたMRからCROに転職した際に思ったことでした。
年収を下がってしまいましたが実は貯金などは今の方ができています。
派手に使う人間が周りにいなくなったためですね。

私は今の仕事にとても満足しています。
ただし今の会社にずっといるかと言われたらそこはNoです。

また就職もまだなのに転職の話題出すなよ!と思われるかと思いますが、
今後は転職も視野において働くことが重要です。

これから生き延びようと考えた時にいろんな会社で成果を出していた人と1つの会社でしか成果を出していない人が2名いた際どちらと仕事をしたいでしょうか?

おそらく前者かと思います。広い視点で物事を見ることができることが大きいと思います。

内定はあくまでもスタートです。私も頑張って行きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました